【必見】空港で当日レンタルや返却する必要なしのWi-Fiは○○

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

今現在どんなときもWiFiを選ぶ理由はありません。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

空港で当日レンタルや返却する必要なしの海外で利用できるWi-Fiは「どんなときもWiFi」です。

「イモトのWi-Fi」や「グローバルWi-Fi」などの海外で使えるWi-Fiは空港でレンタルして返却が必要ですが、「どんなときもWiFi」だけはレンタルも返却もいりません。

「どんなときもWiFi」は海外に持っていくだけでそのまま現地でインターネットに繋がってSIMカードの挿入や設定変更も一切不要で使った日数が自動的にカウントされて使った日数分だけ自動的に課金される画期的なシステムになっています。

どんなときもWi-Fiはレンタルなしで海外で使えるWi-Fi

「どんなときもWiFi」はよくある海外で利用できるWi-Fiの空港でレンタルや返却がいらない、海外の現地で電源をオンにしたらすぐにインターネットに繋がる画期的なWi-Fiです。

どんなときもWiFiだけかばんに挿れて手続きなどは一切不要で、現地の空港についたらついた瞬間からインターネットに繋がります。

理由は、どんなときもWiFiが海外の現地の電波を拾ってインターネットに繋がるので、インターネットに接続したいiPhoneやiPad、Androidスマホやタブレット、PC(パソコン)をどんなときもWiFiとWi-Fiで接続すれば完了です。

海外で利用できる人気のWi-Fiの比較

海外で利用できるWi-FiはどんなときもWiFi意外にもイモトのWiFiやグローバルWiFiがあります。

ここではこの3つのWi-Fiを料金と受け取り、返却などの項目にわけて比較してみました。

比較項目どんなときもWiFiイモトのWiFiグローバルWiFi
受取・返却不要国内16空港

1営業所

宅配便

国内6空港

2営業所

宅配便

料金1GB:1,280円

1GB:1,880円

※エリアで異なる

500MB:1,580円
1GB:1,880円
300MB:1,170円
600MB:1,470円
1.1GB:1,670円
無制限:2,370円
早割なし500MB:1,580円
1GB:1,500〜1,670円
300MB:970円
600MB:1,270円
1.1GB:1,470円
無制限:2,170円
低速通信384kbps128kbps128kbps

どんなときもWi-Fiは海外利用もSIMカードがいらない

どんなときもWiFiはクラウドSIM採用しているWi-Fiなので海外に行く時もSIMカードを挿す必要はありませんし、

国をまたいで利用した場合でもSIM採用しているカードを挿入したりSIMカードを挿し替える必要もありません。

例えばエリア1とエリア2をまたいで利用しても設定もSIMカードの挿入なども一切なく電源を入れるだけですぐにインターネットに繋がります。

どんなときもWiFiはクラウドSIM採用しているため、手元でSIMカードの交換を行う必要はなく、インターネットのクラウド上で自動的に交換してくれる仕組みになっています。

どんなときもWi-Fiは海外利用時の手続きや設定がいらない

どんなときもWiFiはクラウドSIM採用しているWi-Fiなので海外に行く時もSIMカードを挿す必要はありませんし、海外で利用するための設定も一切不要で、

現地で電源を入れるだけですぐにインターネットに繋がります

どんなときもWiFiの海外利用時に申請がいらない

どんなときもWiFiは海外利用の申請不要でそのまま端末を持っていくだけで利用可能!

海外でご利用された日のみ下記料金が利用日数に応じて発生致します。海外に行っても使用しない日は0円です

海外で利用された日数を元に月額料金(3,480円)+(利用日数×エリア別利用料)をご利用月の翌月請求分に合算して請求されます。

どんなときもWi-Fiが使える海外の国と地域(エリア)

「どんなときもWiFi」では「エリア1」と「エリア2」にエリアが分かれています。

料金は1日単位での課金で「エリア1」と「エリア2」で異なります。

※料金は後述します。

海外ギガプランエリア1対応エリア

アジア・オセアニア韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・モンゴル・バングラデッシュ・カザフスタン・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー
ヨーロッパオーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・トルコ・スロベニア・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・リトアニア・アイルランド・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島
北米アメリカ・カナダ

海外ギガプランエリア2対応エリア

中東UAE ・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン
中米・南米コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ
アフリカ南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・ガーナ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ナイジェリア・モーリシャス

どんなときもWiFiは低速時でも高速なのがメリット

海外で利用できるWi-FiはどんなときもWiFi意外にもイモトのWiFiやグローバルWiFiがあります。

3つのWi-Fiを比較するとどんなときもWiFiの通信速度だけが特別速いので1GB/日以上使った場合も快適にインターネットが使えます。

比較項目どんなときもWiFiイモトのWiFiグローバルWiFi
低速通信384kbps128kbps128kbps

どんなときもWi-Fiを海外で使った場合の料金

「どんなときもWiFi」では「エリア1」と「エリア2」にエリアが分かれています。

海外で利用された日数を元に月額料金(3,480円)+(1,280円x利用日数)がご利用月の翌月請求分に合算して請求されます。

海外ギガプラン(エリア1)1日あたり1,280円
海外ギガプラン(エリア2)1日あたり1,880円

たとえばベトナムでどんなときもWiFiを使ってインターネットを使った場合の料金は以下のようになります。

項目ベトナムでの利用金額
月額料金3,480円
海外利用料金1,280円x利用日数
合計3,480円+(1,280円x利用日数)

「どんなときもWiFi」は海外で利用する時は手続きや追加のSIMカードなどは一切不要で、現地で電源を入れるだけで空港から観光地までどこでも電波が入ってインターネットに繋がります。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFi
スポンサーリンク

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました