【必見】どんなときもWiFiは4G(LTE)が無制限で使えるWi-Fi

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

4G(LTE)が無制限「どんなときもWiFi」は4G(LTE)使えるWi-Fiは「どんなときもWiFiです。

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの3つの4G(LTE)がギガ容量制限一切なしで使い放題で月額3480円です。

WiMAXのような4G(LTE)通信の月7GB以上使うと月末まで128kbpsの速度制限かかるというものも一切なく今WiMAXからの乗り換えやはじめてのWi-Fiルーターとして爆発的な人気になっています。

「どんなときもWiFi」は4G(LTE)が無制限

どんなときもWiFiは4G(LTE)の通信が容量制限なしで無制限で使えます。WiMAXや他社のポケットWi-Fiには月7GB制限がありますがどんなときもWiFiにはありません。

どんなときもWiFiとWiMAXの比較
  • どんなときもWiFi: 完全無制限で使い放題
  • WiMAX: 月に7GB制限あり
  • 他社のポケットWi-Fi: 月7GB,月10GB,月20GB制限あり

どんなときもWiFiはWiMAXや他社のポケットWi-Fiと比べても月額料金は最安値クラスですし、完全無制限なのでWiMAXや他のポケットWi-Fiを検討していたらどんなときもWiFiも検討してみることをおすすめします。

「どんなときもWiFi」は4G(LTE)の7GB制限がない

どんなときもWiFiはWiMAXや他のポケットWi-Fiと違って月7GB制限や3日で10GB制限などのデータ容量制限(ギガ容量制限)が一切ありません。

月に7ギガ以上を使っても速度制限がされないので低速になることもありません。

月額3480円の最安料金でデータ容量制限(ギガ容量制限)が一切ないWi-FiはどんなときもWiFiだけです。

WiMAXもほぼ同じ金額ですが3日で10GBの制限があり少し多めにネットを使うとすぐに1Mbpsの速度制限をくらってしまいます。

【無制限】どんなときもWiFiは7ギガ超えても制限なし低速なしの完全無制限Wi-Fi

どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiデータ制限比較

どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiのデータ制限、通信制限(速度制限)の比較一覧表になります。

どんなときもWiFiは完全無制限ですが、大手キャリアのポケットWi-FiやWiMAXの4G(LTE)

通信には制限があります。

キャリア・プロバイダデータ制限(通信制限)
どんなときもWiFi制限なし(無制限)
docomoのポケットWi-Fi月に2GB~30GBまで(128kbps)
auのポケットWi-Fi月に7GBまで(128kbps)
SoftBankのポケットWi-Fi月に7GBまで(128kbps)
WiMAX(全プロバイダ共通)月に7GB まで(月末まで128kbps)
ワイモバイルのポケットWi-Fi直近3日間で10GB(128kbps)
どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiデータ制限比較
どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiのデータ制限、速度制限の内容を一覧にしてまとめました。 結論から先に書くと、どんなときもWi-Fiは完全データ容量無制限なのでWiMAXやポケットWi-Fiにある速度制限やデー...

「どんなときもWiFi」はdocomo、au、SoftBankの4Gトリプリキャリア

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiです。

どんなときもWiFiの人口カバー率は99.97%で全ての日本で販売されているWiMAXやポケットWi-Fiの中で一番利用できるエリアが広くなっています。

基本的に、地下鉄の構内や地下鉄の電車の中でもdocomo、au、SoftBankのスマホやiPhoneなどが通信できるようにアンテナと設備を設置しています。

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応していて自動的にその場所で最適なキャリアの電波に接続される仕組みになっています。

どんなときもWiFiのキャリア
  • NTT docomo(自動選択)
  • au(自動選択)
  • SoftBank(自動選択)

どんなときもWiFiはその場所の最適な電波を自動的に探して繋いでくれるのでdocomo、au、SoftBankの3つのエリアを合算したエリアが通信エリアになります。

どんなときもWiFiの通信エリア
  • docomoのエリア+auのエリア+SoftBankのエリア

どんなときもWiFiはWiMAXと違って地下に強いWi-Fi

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiです。

通信方式Wi-Fiサービス特徴
WiMAXWiMAX壁や建物などの障害物に弱く地下では利用できない
LTEどんなときもWiFi壁や建物などの障害物に強く地下でも利用できる

どんなときもWiFiはiPhoneやスマホの電波がある場所なら使える

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiなのでdocomo、au、SoftBankで契約しているiPhoneやiPad、AndroidスマホやAndroidタブレットの電波が入る場所であればどこでも使えます。

どんなときもWiFiは700MHz~900MHzの障害物に強い「プラチナバンド」も利用できます。

そのため、地下でも高層ビルの中でも、新幹線の中でも登山する時の登山道や駐車場でも使える現在最強のWiFiとなっています。

【必見】どんなときもWiFiは地下でも電波が入って繋がるWiFi

どんなときもWiFiは月額3480円で無制限で使い放題!

どんなときもWiFiはすべてのWiMAXやポケットWi-Fiの中で月額料金最安値クラスで利用できる完全無制限のWi-Fiです。

データ容量(ギガ容量)無制限の使い放題で月額3,480円だけで使えます。

どんなときもWiFiの申し込みページ」から申し込みをしたら即日発送してくれるのですぐに自宅に届きます。

どんなときもWiFiは回線工事も開通手続きも不要で電源をいれるだけですぐに使えるのでインターネット回線が必要な時や無制限で使い放題のポケットWi-Fiが欲しくなったときに契約すればすぐに高速インターネットが使えるので便利です。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

ポケットWiFiやWiMAXとの比較と違い

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました