【保存版】どんなときもWiFiの対応周波数バンド全まとめ

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

今現在どんなときもWiFiを選ぶ理由はありません。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFiの対応周波数バンドLTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20、LTE-TDD Band: 38/39/40/41、WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19、GSM:850/900/1800/1900MHz、CDMA/EVDO: BC0/BC1となっています。

どんなときもWiFはdocomo、au、SoftBankの3つのキャリアの電波を使えるのでいつでもどこでも電波の心配なく快適にインターネットが使えます。

どんなときもWiFはdocomo、au、SoftBankのプラチナバンドに対応しているので山間部や高層ビル、建物の中、地下などでもどこでも電波が入って繋がる最強のWi-Fiです。

どんなときもWiFiの対応周波数バンド全まとめ

どんなときもWiFiの全対応周波数バンドは以下のとおりです。

 
最大通信速度下り150Mbps
上り50Mbps
対応周波数

バンド

LTE-FDDBand 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE-TDDBand 38/39/40/41
WCDMABand1/2/4/5/6/8/9/19
GSM850/900/1800/1900MHz
CDMA/EVDOBC0/BC1

どんなときもWiFiはプラチナバンド対応

どんなときもWiFはdocomo、au、SoftBankのプラチナバンドに対応しているので山間部や高層ビル、建物の中、地下などでもどこでも電波が入って繋がる最強のWi-Fiです。

実際に田舎や山間部などのWiMAXや他のポケットWi-Fiが繋がれらない場所や電波が弱い場所でも最大レベルで電波が入って快適に使える性能を持っています。

どんなときもWiFが対応しているdocomo LTEのプラチナバンド

  • バンド19(800MHz) 主にプラチナバンドで使用されている周波数バンド
  • バンド28 (700MHz) バンド19(800MHz)の補助的に使用されている周波数バンド

どんなときもWiFが対応しているau LTEのプラチナバンド

  • バンド18 (800MHz) 主にプラチナバンドで使用されている周波数バンド
  • バンド28 (700MHz) バンド18(800MHz)の補助的に使用されている周波数バンド

どんなときもWiFが対応しているソフトバンク LTEのプラチナバンド

  • バンド 8 (800 MHz)   主にプラチナバンドで使用されている周波数バンド
  • バンド 28 (700 MHz)  バンド8(800MHz)の補助的に使用されている周波数バンド

どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応していて自動的にその場所で最適なキャリアの電波に接続されます。

どんなときもWiFiのキャリア
  • NTT docomo(自動選択)
  • au(自動選択)
  • SoftBank(自動選択)
どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank
結論から先に書くと、どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応(トリプルキャリアに対応)していて 自動的にその場所で最適なキャリアの電波に接続される仕組みになっています。 ...

どんなときもWiFiが利用できるエリアは日本全国

どんなときもWiFiの人口カバー率は99.97%で全ての日本で販売されているWiMAXやポケットWi-Fiの中で一番利用できるエリアが広くなっています。

人口カバー率は99.97%のため繋がらない場所を探すのが難しいくらいどこでも電波が入り、地下や高層マンションや高層ビルの中でも電波がはいって繋がります。

携帯電話のサービスエリアについて – 厚生労働省

どんなときもWiFiはエリア最強のポケットWi−Fi

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankのトリプルキャリアが使えるWi-Fiなのでエリアは最強です。

比較項目どんなときもWiFiWiMAXポケットwifi
月額料金3,480円4,380円3,696円
最大通信速度150Mbps1200Mbps972Mbps
速度制限無制限3日で10GB1日3GB
回線Softbank LTE
au LTE
docomo LTE
au LTE
WiMAX 2+
SoftBank LTE

Wi-Fiはdocomo、au、SoftBank、Y!mobileがそれぞれ販売していますが、使える電波は自社の電波のみなのでどんなときもWiFiだと電波が入る場所でも使えないことが普通にあります。

各社ポケットWi-Fiが利用できる電波
  • docomoのWi-Fi:ドコモの電波しか使えない
  • auのWi-Fi:auの電波しか使えない
  • SoftBankのWi-Fi:ソフトバンクの電波しか使えない
  • Y!mobile: ワイモバイルの電波しか使えない
  • WiMAX: WiMAX,WiMAX2+,auの3つの電波が使える
  • どんなときもWiFi:docomo、au、SoftBankの3つの電波が使える

どんなときもWiFiはトリプルキャリアでいいとこ取り

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの3つの電波が使えるマルチキャリアWiFiで、

自動的にその場所での3つのキャリアの電波を自動的に検出、測定して一番電波がよく速度が速い電波に繋いでくれます。

どんなときもWiFiの電波の特徴

その場所のdocomo、au、SoftBankの一番電波がよく速度が速い電波を自動選択

例えばauの電波が悪いエリア(地域)だったり速度が遅い状態だった場合は自動的にdocomoかSoftBankの電波レベルと速度が良い電波を選んで使ってくれます。

そのため下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsという30Mbpsの上り速度のWiMAXよりも高速な通信ができます。

どんなときもWiFiを使っている人・乗り換えた人の口コミ

どんなときもWiFiは田舎でのインターネットの救世主

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの3つのLTEの電波が使えて、プラチナバンドに対応しているのでどのWiMAXやポケットWi-Fiよりも田舎や山間部に強い最強のWi-Fiです。

月額3480円なのにデータ容量無制限でWiMAXのギガ放題プランにある3日で10GBの速度制限もない本当の完全無制限のWi-Fiです。

実際に田舎に住んでいる人の多くはWiMAXや他社のポケットWi-FiからどんなときもWi-Fiに乗り換えている人が多く、評判もとてもいいです。

このように田舎に住んでいる人や田舎でインターネットの電波に困っていた人の救世主になりつつある「どんなときもWiFi」は多くの人に愛されています。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFi
スポンサーリンク

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました