【比較】どんなときもWiFiとワイモバイルのポケットWi-Fi

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

今現在どんなときもWiFiを選ぶ理由はありません。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

結論から先に書くと、通信速度で選ぶなら「Y!mobile(ワイモバイル)」料金、速度制限、最低利用期間で選ぶなら「どんなときもWiFi」を選ぶのがベストな選択です。

「どんなときもWiFi」か「Y!mobile(ワイモバイル)」のどっちを選ぼうか迷っている方も多いと思います。

「どんなときもWiFi」か「Y!mobile(ワイモバイル)」の違いと比較
  • 通信速度: Y!mobile(ワイモバイル)の勝ち
  • 通信エリア: どんなときもWiFiの勝ち
  • 月額料金: どんなときもWiFiの勝ち
  • 速度制限: どんなときもWiFiの勝ち
  • 最低利用期間: どんなときもWiFiの勝ち

【比較】どんなときもWiFiとY!mobile(ワイモバイル)の違い

どんな時もWi-FiとY!mobile(ワイモバイル)の月額料金、通信速度、契約期間、対応している電波、速度制限、端末の選択肢などを比較すると下記のとおりになります。

比較項目どんなときもWiFiY!mobile(ワイモバイル)
月額料金月額3,480円月額4,400円
通信速度150Mbps988Mbps
契約期間2年3年
電波docomoの4G(LTE)

SoftBankの4G(LTE)

auの4G(LTE)

SoftBankの4G(LTE)
速度制限なし(完全無制限)あり(直近3日で10GB以上で18時〜1時は1Mbpsに制限)
同時接続台数4台16台
端末の選択肢なしあり
有線接続できないできる

どんなときもWiFiとY!mobile(ワイモバイル)の提供会社・運営会社

どんなときもWiFiとY!mobile(ワイモバイル)は運営会社(提供会社)が別会社です。

資本も提携していませんし、会社も全く別なのでお互いがライバル関係です。

どんなときもWiFiとY!mobile(ワイモバイル)の運営会社
【重要】どんなときもWiFiの運営会社は株式会社 グッド・ラック!カスタマーセンターの電話番号と問い合わせ先&解約方法
どんなときもWiFiの運営会社は株式会社 グッド・ラックです。 株式会社 グッド・ラックの電話番号は0120-048-277ですが、株式会社 グッド・ラックもどんなときもWiFiは電話での問い合わせ受付けていません。 ...

どんなときもWiFiよりもY!mobileが優位(メリット)の部分

どんなときもWiFiよりY!mobile(ワイモバイル)のほうが優位なのは「通信速度」と「有線LAN接続」です。

自宅の固定回線として使う場合は、Y!mobile(ワイモバイル)のほうが通信速度もping値もよく優位となります。

1.Y!mobileは通信速度が速い

「Y!mobile(ワイモバイル)」は「どんなときもWiFi」よりも通信速度が速いのが特徴です。

Y!mobile(ワイモバイル)は988Mbpsも出る高速なソフトバンクの通信網を使っているので「どんなときもWiFi」よりも快適にインターネットが使えます。

「どんなときもWiFi」は基本的にdocomo、au、SoftBankの携帯電話の通信網であるAXGPという専用回線を使っているY!mobile(ワイモバイル)には通信速度は負けます。

「Y!mobile」は自宅の固定インターネット回線として使っても十分な性能ですが、「どんなときもWiFi」は通信速度があまり速いとは言えないので自宅の固定インターネット回線として「Y!mobile」と比較すると速度は少し遅いですが体感できるほどの違いはわかりません。

2.Y!mobile(ワイモバイル)は有線LAN接続はできる

「どんなときもWiFi」は有線LAN接続が出来ないのでデスクトップパソコン(PC)やPS4やスイッチなどのゲーム機のインターネット回線として使うのは厳しですが、

Y!mobile(ワイモバイル)は手のひらサイズのポケットルーターでもクレードルで有線LAN接続ができますし、USBケーブルでパソコン(PC)と接続すると有線でインターネットに接続することができます。

どんなときもWiFiとY!mobile(ワイモバイル)の有線LAN接続
  • どんなときもWiFi: 有線LAN接続に非対応
  • Y!mobile(ワイモバイル): 有線LAN接続に対応

有線LAN接続するとWi-Fiよりも通信速度も速くなり、ゲームで大事なping値も小さくなるのでゲームをやる場合は有線LAN接続は必須です。

3.通信エリアはどんなときもWiFiのほうが広い

「Y!mobile(ワイモバイル)」と「どんなときもWiFi」ではdocomo、au、SoftBankの3つのエリアで通信できるのでSoftBankだけのエリアで通信できるY!mobile(ワイモバイル)と比べるとかなりエリアは広いです。

どんなときもWiFiとY!mobileの通信エリアの違い
  • Y!mobile(ワイモバイル):SoftBankのエリアで通信できる
  • どんなときもWiFi: docomo、au、SoftBankのエリアで通信できる

SoftBankの電波があるエリアであれば「どんなときもWiFi」よりも高速に通信できるのでY!mobile(ワイモバイル)にしかないメリットもあります。

Y!mobileよりもどんなときもWiFiが優位(メリット)の部分

1.「どんなときもWiFi」は月額料金が安い

「どんなときもWiFi」は2年契約ですが2年間ずっと月額3480円で利用できます。

Y!mobile(ワイモバイル)は月額料金が最安のY!mobile(ワイモバイル)の場合で、「24ヶ月目まで月額4,400円」「25ヶ月目以降は4011円」となります。

月額料金は「Y!mobile(ワイモバイル)」よりも「どんなときもWiFi」のほうが安いとうメリットがあります。

期間どんなときもWiFiY!mobile(ワイモバイル)
1〜2ヶ月目月額3,480円月額4,400円
3〜24ヶ月目月額3,480円月額4,400円
25ヶ月目以降月額4,400円

「どんなときもWiFi」は2年契約で利用期間で月額料金は変わらないので契約月から解約月まで月額3,480円で利用できます。

しかし、Y!mobile(ワイモバイル)で最安の月額料金で利用できるY!mobile(ワイモバイル)で比較してみても、全期間で「どんなときもWiFi」よりも月額料金が高くなってしまいます。

2.「どんなときもWiFi」は速度制限が一切ない

Y!mobile(ワイモバイル)には3日で10GBの速度制限があります。

しかし、「どんなときもWiFi」は完全無制限で使えるので3日で10GBを気にしないで思いっきりインターネットを使うことができます。

比較項目どんなときもWiFiY!mobile(ワイモバイル)
速度制限なし(完全無制限)あり(直近3日で10GB以上で18時〜1時は1Mbpsに制限)
対象料金プラン対象制限期間
Pocket WiFiプラン2
Pocket WiFiプラン2ライト
Pocket WiFiプランSS
Pocket WiFiプランS
Pocket WiFiプランL
データプラン
前日までの3日間のご利用通信量が8,389万パケット(約10GB)以上当日18時から翌日1時まで
Pocket WiFiプラン+
Pocket WiFiプラン
前日までの3日間のご利用通信量が839万パケット(約1GB)以上当日6時から翌日6時まで
またPocket WiFiプラン+やPocket WiFiプランは3日で1GB以上使うと当日6時から翌日6時まで速度制限されます。

Y!mobile(ワイモバイル)の速度制限・通信制限の内容の完全まとめ

Y!mobile(ワイモバイル)のギガ放題プランの通信制限(速度制限)の内容はとても緩く、

Y!mobile(ワイモバイル)の速度制限
  • 3日で10GB以上使用: 18時〜26時(AM2時)まで1Mbpsに速度制限

Y!mobile(ワイモバイル)の速度制限の内容

速度制限がかかる条件とタイミング直近3日間で10GB以上のデータ通信をした場合
制限内容3日間で10GBを超えた日の翌日の18時頃~翌1時まで
制限後時の最大通信速度1Mbps(実測できっちり1Mbps=1000kbs出ることを確認済みです)

Y!mobile(ワイモバイル)の3日で10GB制限がかかる条件

Y!mobile(ワイモバイル)にはギガ放題プランで3日で10GB制限があります。

この制限は直近3日間のデータ通信料(転送量)が10GBを超えた場合に翌日のAM18時から朝2時までの6時間の間だけ速度制限されます。

この速度制限は他のインターネットWiFiの終日月末までの速度制限の内容と比べるととても緩くなっていて大量にデータ通信をしても使いやすい回線となっています。

3.「どんなときもWiFi」は最低利用期間が2年で短い

「どんなときもWiFi」は契約期間(最低利用期間)が2年と短く、月額料金が月額3,480円で契約月から解約月まで一定です。

一方Y!mobile(ワイモバイル)は契約期間は3年なので他の回線やWi-Fiに乗りたいと思ったときでも契約期間が残っていて乗り換えられない場合があります。

比較項目どんなときもWiFiY!mobile(ワイモバイル)
契約期間2年3年

「どんなときもWiFi」は契約期間が短いのでY!mobile(ワイモバイル)よりも自由度が高いと言えます。

契約期間(最低利用期間)未満で解約すると1万円程度の違約金がかかってしまうので短いほうがメリットがあります。

だいたい賃貸とかでも2年契約なので、それに合わせて新しいインターネットWi-Fiに乗り換えができるのでありがたいです。

まとめ:どんなときもWiFiとY!mobile(ワイモバイル)の選び方

いかがだったでしょうか?

「どんなときもWiFi」と「Y!mobile(ワイモバイル)」ではそれぞれメリットがあるので通信速度で選ぶなら「Y!mobile(ワイモバイル)」、料金、速度制限、最低利用期間で選ぶなら「どんなときもWiFi」を選ぶようにしておけば間違いありません。

「どんなときもWiFi」か「Y!mobile(ワイモバイル)」の違いと比較
  • 通信速度: Y!mobile(ワイモバイル)の勝ち
  • 通信エリア: どんなときもWiFiの勝ち
  • 月額料金: どんなときもWiFiの勝ち
  • 速度制限: どんなときもWiFiの勝ち
  • 最低利用期間: どんなときもWiFiの勝ち

どんなときもWiFiは150Mbpsの通信速度ですが、通常インターネットを快適に利用するのに必要な通信速度は10Mbps程度なので十分すぎる速度が出ます。普通に使っていて困ることはありません。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

ポケットWiFiやWiMAXとの比較と違い

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました