【必見】どんなときもWiFiはVPNが使える無制限Wi-Fi

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

今現在どんなときもWiFiを選ぶ理由はありません。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

結論から先に書くと、どんなときもWiFiはVPNが使えるデータ容量完全無制限のポケットWi-Fiです。

どんなときもWiFiはPPTP/L2TP/SSTP/IKEv2/OpenVPN/SSL-VPNのどの方式にも対応していて問題なく使えます

どんなときもWiFiに接続しているiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレット、PC(パソコン)でVPN接続ができます。

また、フリーWi-Fiプロテクション(トレンドマイクロ)、ノートン WiFi プライバシー(シマンテック)、セカイVPN、ExpressVPN、NordVPN、PrivateInternetAccess、チョモランマVPNのどのVPNを使って通信内容を暗号化して安全に通信することも可能です。

どんなときもWiFiで利用できるVPNプロトコル(VPN接続方式)

どんなときもWiFiのポケットWi-Fi(MVNO)で利用できるVPNプロトコルは以下の通りです。

実際にどんなときもWiFiとWi-Fiで接続しているiPhoneXSとAndroidスマホとPC(パソコン)でVPN接続ができるのを確認済みです。

どんなときもWiFiで利用できるVPNプロトコル(VPN接続方式)
  • PPTP(Point-to-Point Tunneling Protocol)
  • L2TP(Layer 2 Tunneling Protocol)
  • SSTP(Secure Socket Tunneling Protocol)
  • IKEv2(Internet Key Exchange Version2)
  • OpenVPN
  • SSL-VPN

どんなときもWiFiはVPNの通信(VPN接続)に制限がないのでどの方式であってもVPN接続をすることができます。

どんなときもWiFiでVPNを使うメリット

どんなときもWiFiでVPNをメリットは「1.通信を暗号化して安全に通信ができる」「2.同一ネットワーク上にいるのと同じように使うことができる」「3.会社や自宅のシステムやネットワークに接続できる」という3つのメリットがあります。

どんなときもWiFiでVPNを使うメリット
  1. 通信を暗号化して安全に通信ができる
  2. 同一ネットワーク上にいるのと同じように使うことができる
  3. 会社や自宅のシステムやネットワークに接続できる

1.通信を暗号化して安全に通信ができる

もともとどんなときもWiFiはセキュリティ万全のネットワークなので、暗号化しなくても安全に使えますがVPNを使うと通信内容が暗号化されるので通信内容の漏洩の心配なく使えます。

たとえば仕事の大事なメールを送りたいときや大事なファイルを会社のサーバにアップロードしたい時やダウンロードしたい時などはVPNを使うと通信内容が完全に暗号化されるので安心して使うことができます。

2.同一ネットワーク上にいるのと同じように使うことができる

VPNを使って自宅や会社に接続すると外部先から接続をしても自宅や会社の同一ネットワーク上にいるのと接続先のネットワークに直接接続しているのと同じように通信することができます。

外出先からでも自宅の共有サーバーや共有フォルダに会社内にいるのと全く同じように使うこともできます。

3.会社や自宅のシステムやネットワークに接続できる

VPNを使って自宅や会社に接続すると外部先から接続をしても自宅や会社の同一ネットワーク上にいるのと同じように利用できるので

自宅のファイルサーバーに接続したり自宅のパソコンにリモート接続したり、会社のパソコンをリモート接続したり、会社のシステムを外出先から使えるようになります。

どんなときもWiFiはVPN接続が完全容量無制限で使える

どんなときもWiFiはVPN接続でVPN通信のデータ容量をどれだけ使用しても完全無制限で使えます。

VPN接続のデータ容量が多いからと言って速度制限や通信制限をかけらるようなことはありません。

どんなときもWiFiはVPN接続に制限は一切なし

どんなときもWiFiのポケットWi-Fi(MVNO)はPPTP/L2TP/SSTP/IKEv2/OpenVPN/SSL-VPNのVPN接続の通信に一切の制限がされていません。

そのためどんなときもWiFiはどのVPNプロトコルを使っても接続できます

どんなときもWiFiの回線はdocomo回線、SoftBank回線、au回線のトリプルキャリア対応のWi-Fiなのでもどのような場所でもかなり安定していてVPN接続が勝手に切断されたり速度がでなかったりするようなことは一度もありません。

山間部や高層ビルの中、地下でも安定してつながるのがどんなときもWiFiのメリットです。

どんなときもWiFiはVPNを使っても追加料金が発生しない

どんなときもWiFiのポケットWi-FiでVPN接続をしてVPN通信を何時間しても追加料金は一切発生しません。

どんなときもWiFiの月額料金がすべての支払金額になります。

どんなときもWiFiでVPN接続を使う方法

どんなときもWiFiでVPN接続を使う方法は簡単でiPhoneやAndroidスマホでVPN接続の設定をしてVPN接続を使いたいときにVPN接続をオンにするだけでVPN接続ができます。

VPN設定は接続先やユーザーID、パスワードなどを間違えないように入力するという手間がありますが、設定後にVPN接続を使うにはVPN接続をオンにするだけなのでとても簡単に利用できます。

たとえば、会社にVPN接続をした場合は会社のVPNサーバーの接続情報を入手してiPhoneやAndroidスマホ、パソコン(PC)にVPNの接続設定をしておけば簡単にVPN接続できます。

まとめ

どんなときもWiFiはVPNが使えるデータ容量完全無制限のポケットWi-Fiです。

どんなときもWiFiはPPTP/L2TP/SSTP/IKEv2/OpenVPN/SSL-VPNのどの方式にも対応していて問題なく使えます

どんなときもWiFiに接続しているiPhone、iPad、Androidスマホ、タブレット、PC(パソコン)でVPN接続ができ追加料金も速度制限なども一切ないのでデータ通信量などを気にしないで安心して使ってくださいね。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFiの接続
スポンサーリンク

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました