「どんなときもWiFi」が一人暮らしに最強のWi-Fiな理由とは

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

今現在どんなときもWiFiを選ぶ理由はありません。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFiは月額3,480円で完全データ容量(ギガ容量)無制限で使い放題なのでひとり暮らしに最適です。

WiMAXやdocomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0.128Mbps)の速度制限がかかりますがどんなときもWiFiには一切制限がないので、ひとり暮らしに最適です。

「どんなときもWiFi」が一人暮らしに最強のWi-Fiな理由
  1. 月額3,480円と業界最安値
  2. 完全データ容量(ギガ容量)無制限で使い放題
  3. トリプルキャリアなので対応エリア最強
  4. 同時に5台までの端末を同時にインターネット接続できる

どんなときもWiFiは完全データ容量無制限なだけでおなく、NTTdocomo、au、SoftBankのトリプルキャリアが使えるWi-Fiなのでエリアは最強です。どれか1つの電波があればインターネットに繋がります。

 

比較項目どんなときもWiFiWiMAXポケットwifi
月額料金3,480円4,380円3,696円〜
最大通信速度150Mbps1200Mbps972Mbps
速度制限無制限3日で10GB1日3GB,月7GB
回線Softbank LTE&

au LTE&

docomo LTE

au LTE

WiMAX 2+

SoftBank or

docomo or

au

また同時に5台までの端末を同時にインターネットに繋げることができるのでひとり暮らしの固定インターネット回線としても最適です。

【必見】どんなときもWiFiの最大同時接続台数は5台!6台目は?
どんなときもWiFiのルーターの最大同時接続台数は5台です。 5台の上限に達していると「アクセスポイントが一時的にいっぱいです」よか「認証に問題があります」と表示され、5台以上の同時利用・同時接続はできません。 どんなと...

どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiデータ制限比較

どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiのデータ制限、通信制限(速度制限)の比較一覧表になります。

どんなときもWiFiは完全無制限ですが、大手キャリアのポケットWi-FiやWiMAXには制限があります。

サービス名契約期間月額料金速度制限
どんなときもWiFi2年3,480円制限なし(無制限)
Broad WiMAX3年2,726円(最初の3ヶ月)
3,411円(4ヶ月目以降)
3日で10GBで1Mbps
GMOとくとくBB WiMAX3年3,609円(最初の3ヶ月)
4,263円(4ヶ月目以降)
3日で10GBで1Mbps
BIGLOBE WiMAX3年3,495円(最初の24ヶ月)
3,695円(25ヶ月目以降)
3日で10GBで1Mbps
ビックカメラ WiMAX3年3,696円(最初の3ヶ月)
4,380円(4ヶ月目以降)
3日で10GBで1Mbps
Y!mobile3年4,380円3日で10GBで128kbps
ドコモ3年5,980円月に2GB~30GBまで(128kbps)
ソフトバンク3年3,696円7GB超えで128kbps
au3年4,380円3日で10GBで1Mbps

この一覧表からわかるように、どんなときもWiFiは完全無制限で速度制限がなく、料金も最安値です。2020年現在、どんなときもWiFi以上の性能と料金のWi-Fiは存在しません。

docomoのポケットWi-Fiは2GB~30GBと幅がありますが選ぶプランによって通信速度がかかるデータ制限のタイミングが変わるということです。

auのポケットWi-FiはWiMAXなので直近3日で10GB以上の通信をすると1Mbpsに速度が制限されます。

どんなときもWiFiはデータ制限・速度制限が一切ない

どんなときもWiFi以外のWiMAXやポケットWi-Fiにはデータ容量による速度制限があります。

例えば、docomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0.128Mbps)の速度制限がかかります。

WiMAXも直近の3日間で10GB以上のデータ容量を使うと18時〜26時(朝2時)まで1Mbpsの速度制限がかかります。

ポケットWiFiはデータ容量の速度制限がある

docomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0.128Mbps)の速度制限がかかります。

この速度制限はかなり厳しくて128kbpsという超低速になるので動画は低画質でも見るとは出来ませんし、LINEなどで写真を送ったり開くのにもかなりの時間がかかります。

まだWiMAXは速度制限をされていも1000kbps(1Mbps)の速度が出るので高画質な動画を見ない限り普通に使えますが128kbpsの速度は正直ストレス以外のなにものでもありません。

WiMAXは3日で10GBの速度制限がある

WiMAXはプロバイダに関係なく3日で10GBのデータ容量制限(速度制限)があります。

簡単に言うと直近3日で使った総データ容量が10GBを超えた場合は翌日の18時頃~翌2時まで1000kbps(1Mbps)の速度制限がかかります。

速度制限がかかる条件とタイミング直近3日間で10GB以上のデータ通信をした場合※「WiMAX 2+」と「au 4G LTE」のデータ量の合計が10GB
制限内容直近3日間で10GBを超えた日の翌日の18時頃~翌2時まで
制限後時の最大通信速度1Mbps(実測できっちり1Mbps=1000kbs出ることを確認済みです)

3日で10GBのデータ容量制限(速度制限)はすべてのWiMAXプロバイダで共通してかかります。

WiMAXプロバイダ速度制限の内容
GMOとくとくBB3日で10GB以上で1Mbps制限
BIGLOBE3日で10GB以上で1Mbps制限
So-net3日で10GB以上で1Mbps制限
BIC WiMAX3日で10GB以上で1Mbps制限
J:COM WiMX3日で10GB以上で1Mbps制限
auショップ3日で10GB以上で1Mbps制限
Broad WiMAX3日で10GB以上で1Mbps制限
ダイワボウ情報システム株式会社3日で10GB以上で1Mbps制限
AsahiNet3日で10GB以上で1Mbps制限
ピーシーデポコーポレーション3日で10GB以上で1Mbps制限
KTWiMAX(ケーズデンキ)3日で10GB以上で1Mbps制限
株式会社エディオン3日で10GB以上で1Mbps制限
株式会社ワイヤレスゲート3日で10GB以上で1Mbps制限
株式会社ヤマダ電機3日で10GB以上で1Mbps制限
Pilina3日で10GB以上で1Mbps制限
DTI3日で10GB以上で1Mbps制限
Nifty3日で10GB以上で1Mbps制限

どんなときもWiFiはエリアも制限も最強のポケットWi−Fi

どんなときもWiFiは完全データ容量無制限なだけでおなく、NTTdocomo、au、SoftBankのトリプルキャリアが使えるWi-Fiなのでエリアは最強です。どれか1つの電波があればインターネットに繋がります。

比較項目どんなときもWiFiWiMAXポケットwifi
月額料金3,480円4,380円3,696円〜
最大通信速度150Mbps1200Mbps972Mbps
速度制限無制限3日で10GB1日3GB,月7GB
回線Softbank LTE&

au LTE&

docomo LTE

au LTE

WiMAX 2+

SoftBank or

docomo or

au

Wi-Fiはdocomo、au、SoftBank、Y!mobileがそれぞれ販売していますが、使える電波は自社の電波のみなのでどんなときもWiFiだと電波が入る場所でも使えないことが普通にあります。

各社ポケットWi-Fiが利用できる電波
  • docomoのWi-Fi:ドコモの電波しか使えない
  • auのWi-Fi:auの電波しか使えない
  • SoftBankのWi-Fi:ソフトバンクの電波しか使えない
  • Y!mobile: ワイモバイル(SoftBank)の電波しか使えない
  • WiMAX: WiMAX,WiMAX2+,auの3つの電波が使える
  • どんなときもWiFi:docomo、au、SoftBankの3つの電波が使える

ワイモバイルはソフトバンクの電波を使っているWi-Fiなのでエリアはソフトバンクと同じです。

どんなときもWiFiはクレジットカード払いで契約するのが一番お得

どんなときもWiFiは、現在クレジットカード払いを選ぶと、2年割で2年間毎月930円割引キャンペーン、25ヶ月目以降は長期割で毎月430円割引となる割引キャンペーンを実施しています。

プラン名支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
データ放題プランクレジットカード払い3,480円

2年割り(-930円)適用

3,980円

長期割(-430円)適用

口座振替払い3,980円4,410円

クレジットカード契約の方が月額500円安いので口座振替でないといけない特別な理由がない限りクレジットカード払いを選ぶとお得です。

どんなときもWiFiをクレジットカード払いで契約した時の月額料金

どんなときもWiFiを口座振替で契約した時の月額料金

無制限Wi-Fiの説明書 | 【知らないと損】どんなときもWiFiは、現在クレジットカード払いを選ぶと、2年割で2年間【合計22320円】毎月930円割引キャンペーン、25ヶ月目以降は長期割で毎月430円割引となる割引キャンペーンを実施中!【失敗ゼロ】のキャンペーン適用方法と全手順画像付きの適用方法、キャンペーンコードまでまとめました!
【100%失敗ゼロ】ヨドバシカメラのWi-Fi担当がどんなときもWi-Fiのメリット・デメリットやどんなときもWi-Fiのお得なキャンペーンと適用方法・契約申し込み方法、月額料金やエリア、通信速度や速度制限、最低利用期間(契約期間)などをわかりやすくまとめました
【保存版】どんなときもWiFiの申し込み方法の完全手順まとめ
【失敗ゼロ!】「どんなときもWiFi」を最安&割引キャンペーン適用で契約申し込みする方法!【全手順を画像付き】で絶対に一番オトクな方法で申し込む方法を1つ1つ画像付きの手順でまとめました。クレジットカード払い、口座振替(銀行引き落とし)の支払い方法で申し込みができます!【知らないと損】
支払い方法月額料金2年間総額
クレジットカード3,480円83,520円
口座振替3,980円+手数料200円100,320円

どんなときもWiFiは完全無制限で使い放題

どんなときもWiFiは本当に完全無制限で使い放題です。一切制限はありませんし速度制限されないことを確認済みです。

どんなときもWiFiとWiMAXの速度制限の違い
  • WiMAX: 3日で10GB制限あり(1Mbpsに制限)
  • どんなときもWiFi:一切の速度制限なし

完全無制限のWiFiはどんなときもWiFiだけで月額3480円で使い放題なのでどんなときもWiFiを選んでおけば間違いありません。

他のポケットWi-FiやWiMAXを選ぶと料金は同じで速度制限があるので損をしますよ。しかもWiMAXは3年契約どんなときもWiFiは2年契約と大きなメリットもあります。

どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応していて自動的にその場所で最適なキャリアの電波に接続されます。

どんなときもWiFiのキャリア
  • NTT docomo(自動選択)
  • au(自動選択)
  • SoftBank(自動選択)

どんなときもWiFiが利用できるエリアは日本全国

どんなときもWiFiの人口カバー率は99.97%で全ての日本で販売されているWiMAXやポケットWi-Fiの中で一番利用できるエリアが広くなっています。

人口カバー率は99.97%のため繋がらない場所を探すのが難しいくらいどこでも電波が入り、地下や高層マンションや高層ビルの中でも電波がはいって繋がります。

携帯電話のサービスエリアについて – 厚生労働省

どんなときもWiFiは速度制限や規制はなし

どんなときもWiFiは名前が怪しいですが、名前以外には他のWiMAXやポケットWi-Fiと比べても完全無制限で使い放題、月額3,480円という破格の料金ではないでしょうか。

実際にどんなときもWiFiは2020年現在コスパ最強のWi-Fiなので怪しいと思って当然ですが実際は宣伝通りの内容となっていて価格以上のサービス提供となっています。

データ容量制限なしで完全無制限で使い放題

どんなときもWiFiが一番怪しいと思う部分はWiMAXやポケットWi-Fiが7GB制限や3日で10GB制限をかけているのに、どんなときもWiFiは完全容量無制限で、月額3,480円という破格の料金になっている部分ではないでしょうか。

結論から先に書くと、完全容量無制限は本当です。1日に100GBとか使っていますが一度も速度制限がかかっていません。

また、Torrentを使ったり、30GBとかあるゲームをダウンロードしたりもしていますが速度制限は一度もかかってないため本当みたいです。

ただし、違法ダウンロードや大量通信などのネットワーク占有を行った場合は、384Kbpsに速度が制限されることがある旨が記載されています。

※国内外の通信会社では、
ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、
著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、
該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。
また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、
ご利用停止を行う場合があります。
<引用:どんなときもWiFiの特徴【公式】どんなときもWiFi

まとめ:「どんなときもWiFi」が一人暮らしに最強のWi-Fiな理由

どんなときもWiFiは月額3,480円で完全データ容量(ギガ容量)無制限で使い放題なのでひとり暮らしに最適です。

WiMAXやdocomo、au、SoftBankの大手キャリアのポケットWi-Fiには月に2GBや7GB、30GBのデータ容量を使い切ると月末まで128kbps(0.128Mbps)の速度制限がかかりますがどんなときもWiFiには一切制限がないので、ひとり暮らしに最適です。

「どんなときもWiFi」が一人暮らしに最強のWi-Fiな理由
  1. 月額3,480円と業界最安値
  2. 完全データ容量(ギガ容量)無制限で使い放題
  3. トリプルキャリアなので対応エリア最強
  4. 同時に5台までの端末を同時にインターネット接続できる

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

ポケットWiFiやWiMAXとの比較と違い

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました