「どんなときもWiFi」は災害時に強い最強のポケットWi-Fi

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

いろいろなポケットWi-FiやWiMAXがありますが、災害時に強い最強のポケットWi-Fiは「どんなときもWiFi」です。

「どんなときもWiFi」が災害時に強い理由は、docomo、au、SoftBankの3つの電波が使えるトリプルキャリア対応のWi-Fiだからです。

日本で利用できる電波はdocomo、au、SoftBankの3つですが災害でどれか1つが使えなくなってもトリプルキャリア対応のWi-FiのどんなときもWiFiは生きている電波で通信ができるので

普通のWi-Fiは契約キャリアの障害で一切の通信ができなくなる

例えばdocomo、au、SoftBankのどれか1つのキャリア回線が通信障害で通信ができなくなった場合は、SoftBankで契約しているWi-Fiは使えなくなります。

しかし、どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの3つの全てが通信障害で通信できなくならない限り通信できなくなることはありません。

どんなときもWiFiはマルチキャリアで災害時に強い

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応していて自動的にその場所で最適なキャリアの電波に接続される仕組みになっています。

どんなときもWiFiのキャリア
  • NTT docomo(自動選択)
  • au(自動選択)
  • SoftBank(自動選択)

どんなときもWiFiはその場所の最適な電波を自動的に探して繋いでくれるのでdocomo、au、SoftBankの3つのエリアを合算したエリアが通信エリアになります。

どんなときもWiFiの通信エリア
  • docomoのエリア+auのエリア+SoftBankのエリア

簡単に言うと使いたい場所でにdocomo、au、SoftBankの電波があるのかをチェックしてみてどれか1つでもエリア内であればどんなときもWiFiはインターネットに繋がります。

どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank
結論から先に書くと、どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応(トリプルキャリアに対応)していて 自動的にその場所で最適なキャリアの電波に接続される仕組みになっています。 ...
どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank

どんなときもWiFiが利用できるエリアは日本全国

どんなときもWiFiの人口カバー率は99.97%で全ての日本で販売されているWiMAXやポケットWi-Fiの中で一番利用できるエリアが広くなっています。

人口カバー率は99.97%のため繋がらない場所を探すのが難しいくらいどこでも電波が入り、地下や高層マンションや高層ビルの中でも電波がはいって繋がります。

携帯電話のサービスエリアについて - 厚生労働省

どんなときもWiFiはSIM差し替えや設定変更がいらない

どんなときもWiFiは日本で少ない「クラウドSIM」という本体にSIMカードを挿さないで、インターネット上にあるクラウドサーバーでSIMカードを切り替えてくれる仕組みを採用しています。

そのため、NTTdocomo、au、SoftBankの電波の切り替えが発生してもSIMカードの差し替えや設定変更はいりません。

実際にどんなときもWiFiの本体の裏蓋を外してもSIMカードを挿入するためのスロットは用意されていますがSIMカードは入っていません

どんなときもWiFiはエリア最強のポケットWi−Fi

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankのトリプルキャリアが使えるWi-Fiなのでエリアは最強です。

比較項目どんなときもWiFiWiMAXポケットwifi
月額料金3,480円4,380円3,696円
最大通信速度150Mbps1200Mbps972Mbps
速度制限無制限3日で10GB1日3GB
回線Softbank LTE
au LTE
docomo LTE
au LTE
WiMAX 2+
SoftBank LTE

Wi-Fiはdocomo、au、SoftBank、Y!mobileがそれぞれ販売していますが、使える電波は自社の電波のみなのでどんなときもWiFiだと電波が入る場所でも使えないことが普通にあります。

各社ポケットWi-Fiが利用できる電波
  • docomoのWi-Fi:ドコモの電波しか使えない
  • auのWi-Fi:auの電波しか使えない
  • SoftBankのWi-Fi:ソフトバンクの電波しか使えない
  • Y!mobile: ワイモバイルの電波しか使えない
  • WiMAX: WiMAX,WiMAX2+,auの3つの電波が使える
  • どんなときもWiFi:docomo、au、SoftBankの3つの電波が使える

どんなときもWiFiはトリプルキャリアでいいとこ取り

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの3つの電波が使えるマルチキャリアWiFiで、

自動的にその場所での3つのキャリアの電波を自動的に検出、測定して一番電波がよく速度が速い電波に繋いでくれます。

どんなときもWiFiの電波の特徴

その場所のdocomo、au、SoftBankの一番電波がよく速度が速い電波を自動選択

例えばauの電波が悪いエリア(地域)だったり速度が遅い状態だった場合は自動的にdocomoかSoftBankの電波レベルと速度が良い電波を選んで使ってくれます。

そのため下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsという30Mbpsの上り速度のWiMAXよりも高速な通信ができます。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※9/31以降は新規申込み休止で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFiの電波の入り具合とエリア
スポンサーリンク

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました