【必見】どんなときもWiFiは地下でも電波が入って繋がるWiFi

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

結論から先に書くと、どんなときもWiFiは地下でも電波が入って繋がるのでLINEや電話、ネットが使えます。理由はどんなときもWiFiがdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEをトリプルキャリアで使えるWi-Fi(他社のWi-Fiは1つだけ)だからです。

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiです。

そのため、スマホの電波が入る場所であればどんなときもWiFiはどこでも使うことができます

どんなときもWiFiは地下でも電波が入って繋がるWi-Fi

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiです。

基本的に、地下鉄の構内や地下鉄の電車の中でもdocomo、au、SoftBankのスマホやiPhoneなどが通信できるようにアンテナと設備を設置しています。

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの3つのキャリアの電波すべてが使えるWiFiルーターです。

どんなときもWiFiは地下鉄でも利用できるWi-Fi

どんなときもWiFiは地下鉄でも電波が入って利用できるWi-Fiです。

地下鉄の構内も、移動中の列車内は大手キャリアの4G/LTEのためのアンテナが設置されているので電波が入りますし最近はデパートの地下街や高層ビルの中にもアンテナが設置されているのでどこでも繋がります。

どんなときもWiFiはこれらの電波を使ってネットに繋げることができるので地下鉄駅や地下街、地下の電車内であってもインターネットが使えます。

どんなときもWiFiは700MHz~900MHzのプラチナバンドが使えます。

また、ドコモのプラスエリアも使えます。

どんなときもWiFiはWiMAXと違って地下に強い

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiです。

4G/LTEは壁や建物などの障害物に弱く地下でも電波が入って繋がります。

通信方式Wi-Fiサービス特徴
WiMAXWiMAX壁や建物などの障害物に弱く地下では利用できない
LTEどんなときもWiFiポケットWi-Fi、docomo、au、softbankのモバイルWi-Fi壁や建物などの障害物に強く地下でも利用できる

どんなときもWiFiはiPhoneやスマホの電波がある場所なら使える

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiなのでdocomo、au、SoftBankで契約しているiPhoneやiPad、AndroidスマホやAndroidタブレットの電波が入る場所であればどこでも使えます。

どんなときもWiFiは700MHz~900MHzの障害物に強い「プラチナバンド」も利用できます。

そのため、地下でも高層ビルの中でも、新幹線の中でも登山する時の登山道や駐車場でも使える現在最強のWiFiとなっています。

どんなときもWiFiは東京メトロ全線で使える

どんなときもWiFiは地下鉄の東京メトロの全線で使えます。

どんなときもWiFiが出るまではWiMAXが最強のWiFiだったので使っている人が多かったのですがWiMAXという電波の特性から地下で使えない場所があって問題になっていました。

どんなときもWiFiはdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEがトリプルキャリアで使えるWi-Fiなので地下鉄全線、地下鉄構内のどこでも電波が入ってインターネットが使えます。

地下鉄のトンネル内でも漏洩同軸ケーブルで電波が入る

地下鉄のトンネルの中は通常電波が入らない場所ですが、漏洩同軸ケーブルという特殊なアンテナ線をトンネルに沿って這わせているのでどんなときもWiFiが使うdocomo、au、SoftBankの大手キャリアの4G/LTEの電波が入ります。

そのため、地下鉄でも全く問題なく使えるようになっています。

この仕組みは新幹線のトンネル内でや高速道路のトンネル内でも同じでどんなときもWiFiは地下やトンネル内にも強いWiFiになっています。

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。※申し込み殺到で在庫切れになることが多いので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFiの電波の入り具合とエリア
スポンサーリンク

このサイトはシェアフリーです。情報がお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです^^

伊集院一郎をフォローするとどんなときもWiFiの最新情報をお届けします
無制限Wi-Fiの説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました