【2020年最新】どんなときもWiFiのどこよりも詳しい解説サイト

コスパ最高で優良だったどんなときもWiFiが提供休止になってから「どんなときもWiFiの完全上位互換」として人気なのが「THE WiFi」です。

どんなときもWiFiと比べてデメリットや速度制限などは一切なしで快適に高速通信ができています。どんなときもWiFiを契約していた人もほとんどの人がTHE WiFiに乗り換えています。

月額3480円で無制限で使える今一番オススメできる無制限Wi-Fiです。どんなときもWiFiと違って専用回線なので速度制限がかかることはありません。

↑↑↑公式サイトはこちら↑↑↑

新型コロナウイルスの自粛の影響で爆発的な人気になっています。在庫がなくなり次第『新規申し込み休止』で入手ができなくなりますので今のうちに入手しておくのを強くおすすめします。

どんなときもWiFiは月額3480円で完全無制限という驚異的な月額料金で使えるWi-Fiです。

WiMAXのような3日で10GB制限や、7GB制限もなく最強のWi-Fiとして爆発的に選ばれています

今一番選ばれているWi-Fi「どんなときもWiFi」

月額3480円で完全無制限で使い放題!

トリプルキャリアで日本中どこでもつながる

3日で10GB制限なし!7GB制限もなし!

解約時も違約金0円(無料)で解約時も安心

このページの目次

どんなときもWiFiはお得なキャンペーン実施中

どんなときもWiFiは現在、2年割で2年間毎月930円割引される「どんなときもWiFi 2年割キャンペーン」と

25ヶ月目以降は長期割で毎月430円割引となる「どんなときもWiFi 長期割キャンペーン」の2つを実施しています。

どんなときもWiFiのキャンペーンの内容と適用方法まとめ

2つ違うキャンペーンのように見えますが、「どんなときもWiFi 2年割キャンペーン」が25ヶ月目以降は「どんなときもWiFi 長期割キャンペーン」という名前になって

どんなときもWiFi 長期割キャンペーン」は「どんなときもWiFi 2年割キャンペーン」を適用した人は自動的に適用されるという内容になっています。

このキャンペーンを利用すると、通常4410円の月額料金が24ヶ月目まで月額3,480円、25ヶ月目以降は月額3,980円で利用できます。

どんなときもWiFiの割引キャンペーンの特典
  • 通常4,410円の月額料金  -> 24ヶ月目まで月額3,480円
  • 25ヶ月目以降の月額料金 通常4,410円 -> 月額3,980円
どんなときもWiFiを割引キャンペーンを適用して申し込む

プラン名支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
データ放題プランクレジットカード払い3,480円

2年割り(-930円)適用

3,980円

長期割(-430円)適用

口座振替払い3,980円4,410円
どんなときもWiFiのキャンペーンの内容と適用方法まとめ

どんなときもWiFiのキャンペーンが適用される条件

どんなときもWiFiのキャンペーンが適用される条件は以下の3つすべての条件を満たした時になります。

どんなときもWiFiのキャンペーンが適用される条件
  1. どんなときもWiFi キャンペーン適用専用ページから申し込みをしていること
  2. 申し込みページ右上のボタンから申込みをしていること
  3. 支払い方法で「クレジットカード払い」を選択していること

※このページの「割引キャンペーンを適用してどんなときもWiFiに申し込む」ボタンはキャンペーンが適用ページへのリンクになっています。

割引キャンペーンが適用できるのは新規契約時のみで契約後に後から割引キャンペーンを適用することはできないので気をつけてください。

どんなときもWiFiのキャンペーンの内容と適用方法まとめ

どんなときもWiFiを割引キャンペーンを適用して申し込む

どんなときもWiFiが選ばれている理由(メリット)

どんなときもWiFiが選ばれる理由
  1. 完全無制限でデータ容量制限が一切ない
  2. docomo、au、SoftBankの3つのLTEの電波でエリア最強
  3. 夜間や昼間でも通信速度が遅くならない
  4. 即日発送で契約したらすぐに使える
  5. どんなときもWiFiは工事不要で当日からネットに繋がる
  6. 月額料金が最安値クラス
  7. 解約時は違約金なしで0円で解約できる
  8. 海外に持って行くだけで空港から使える
  9. どんなときもWiFiの海外利用時に申請がいらない
  10. どんなときもWiFiはSIMカードの差し替えがいらない
  11. クレジットカード・口座振替の支払いに対応
  12. どんなときもWiFiをクレジットカード払いで契約した時の月額料金
  13. どんなときもWiFiを口座振替で契約した時の月額料金
  14. 大容量バッテリーで連続12時間ネットが使える
  15. 引っ越ししても引っ越し先で当日からネットが使える
  16. どんなときもWiFiは2年割キャンペーンでお得に契約できる

メリット1.完全無制限でデータ容量制限が一切ない

どんなときもWiFiは通信制限がなし(通信制限一切なし)の低速通信にならない無制限で使い放題の最強のWi-Fiです。

WiMAXや他のポケットWi-Fiと同じ月額料金ですがWiMAXや他のポケットWi-Fiにある7GB制限や3日で10GB制限のない完全無制限Wi-Fiです。

どんなときもWiFi・WiMAX・ポケットWiFiデータ制限比較
  • どんなときもWiFi: 制限なし
  • docomoのポケットWi-Fi: 月に2GB~30GBまで
  • auのポケットWi-Fi: 月に7GBまで
  • SoftBankのポケットWi-Fi: 月に7GBまで
  • WiMAX(全プロバイダ共通): 直近3日間で10GB
  • ワイモバイルのポケットWi-Fi: 直近3日間で10GB
【無制限】どんなときもWiFiは通信制限なし低速なしのWi-Fi

メリット2.docomo、au、SoftBankの3つのLTEの電波でエリア最強

どんなときもWiFiはNTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアのLTE回線に対応しているのでどれか1つの電波があればインターネットに繋がります。

どんなときもWiFiはその場所の最適な電波を自動的に探して繋いでくれるのでdocomo、au、SoftBankの3つのエリアを合算したエリアが通信エリアになります。

どんなときもWiFiの人口カバー率は99.97%で全ての日本で販売されているWiMAXやポケットWi-Fiの中で一番利用できるエリアが広くなっています。

どんなときもWiFiの通信エリア
  • NTT docomo + au + SoftBank
各社ポケットWi-Fiが利用できる電波
  • docomoのWi-Fi:ドコモの電波しか使えない
  • auのWi-Fi:auの電波しか使えない
  • SoftBankのWi-Fi:ソフトバンクの電波しか使えない
  • Y!mobile: ワイモバイルの電波しか使えない
  • WiMAX: WiMAX,WiMAX2+,auの3つの電波が使える
  • どんなときもWiFi:docomo、au、SoftBankの3つの電波が使える
どんなときもWiFiのキャリアはdocomo/au/SoftBank

メリット3.夜間や昼間でも通信速度が遅くならない

私はWi-Fiではないですが使い放題の格安SIMをいろいろと試した結果全ての格安SIMが使い放題だけど通信速度が激遅で大失敗した経験があるので「使い放題=通信速度が遅い」イメージが抜けませんでした。

どんなときもWiFiも期待しないで少し意地悪な速度が低下しやすい時間帯でテストをした結果どんなときもWiFiは通信速度はかなり高速でした。

昼間や夜間でも速度低下はなくどの時間帯でも十分な速度が出るというある意味期待を裏切る結果になりました。

↑早朝の東京駅八重洲口のどんなときもWiFiの通信速度の計測結果(実測)です。

↑夕方のどんなときもWiFiの通信速度の計測結果(実測)です。

どんなときもWiFiは混み合う夕方の時間帯であっても40Mbps以上の通信速度が出ていて快適にインターネットが使えます。

Twitter

メリット4.即日発送で契約したらすぐに使える

どんなときもWiFiは即日発送なので平日の13時まで(土曜日の11時まで)に申し込みを完了すると当日に発送してくれます。

土曜日の場合は11時までに申し込みを完了すると当日に発送してくれます。

日曜日や祝日の場合は契約申し込みはできますが発送は平日になります。

どんなときもWiFiのルーターの発送
  • 平日の13時までに申し込みを完了: その日の発送
  • 土曜日の11時までに申し込みを完了: その日の発送
  • 日曜日の申し込みの場合: 最短の平日発送
  • 祝日日の申し込みの場合: 最短の平日発送

WiFiルーター端末の配送時間の指定をしたい場合は、どんなときもWiFiの契約申込みをする時の手続きの画面の「配送時間」項目から配送を希望する時間を指定することができます。

どうしても契約した当日から使いたい場合は、どんなときのWiFiの店舗に直接受け取りに行くことで当日受け取りをして受け取った瞬間から使うことが出来ます。

どんなときもWiFiの2つの受け取り方法
  • 配送受取: 自宅や事務所(会社)に発送してもらって受け取る
  • 店舗受取: どんなときもWiFiの「渋谷」と「秋葉原」の店舗で受け取る

注意点はいきなりどんなときもWiFiの「渋谷」と「秋葉原」の店舗に行っても受け取ることができず、事前にどんなときもWiFiの公式サイトから契約申し込みを完了させておく必要があります。

どんなときもWiFiの店舗受取のメリットは、契約した当日にルーター本体を受け取ることができて、受け取った瞬間からインターネットを使うことができる点です。

【保存版】どんなときもWiFiの店舗受取の全手順【渋谷・秋葉原】
どんなときもWiFiは契約後自宅や事務所(会社)に発送してもらう配送受取と、どんなときもWiFiの店舗で受け取る店舗受取の2つが出来ます。 どんなときもWiFiの店舗は「渋谷」と「秋葉原」の2箇所にあり、店舗受取の場合は契約し...
どんなときもWiFiはいつ届く?契約から発送、到着までの日数
どんなときもWiFiの配送業者は『佐川急便』時間指定再配送もOK

どんなときもWiFiは工事不要で当日からネットに繋がる

どんなときもWiFiはとても簡単に利用できるように設計されているので、

自宅にどんなときもWiFiのセット一式が届いたらWi-Fiルーター本体の電源ボタンを押して電源をいれるだけ当日からすぐにインターネットが利用できます。

光回線や、ケーブルインターネット回線、ADSLなどは契約手続きをしてから1ヶ月〜2ヶ月程度インターネットが使えない期間があるので

インターネット回線が欲しくなったときに契約すれば翌日または翌々日には高速インターネットが利用できるようになるので便利です。

本体裏蓋を開けると、インターネットの接続に必要なWi-FiのSSID(ネットワーク名)とパスワードが記載されているので、

こちらの内容をインターネットに接続したいPC(パソコン)やスマホ、タブレットなどに入力すればすぐにインターネットに繋がります。

メリット5.月額料金が最安値クラス

どんなときもWiFiは完全無制限のWi-Fiで最安値クラスの月額料金で使えます。WiMAXはギガ放題プランなどで無制限と謳っているプランでも3日で10GB以上使うと1Mbpsに速度制限される厳しい規制があります。

どんなときもWiFiはそのような制限がない初めての完全無制限のWi-Fiです。

 
月額料金(初月)速度制限契約期間
どんなときもWiFi3,480円完全無制限2年
UQ WiMAX4,380円3日で10GB
7GB
2年
Y!mobile4,800円3日で10GB
7GB
3年
縛りなしWiFi3,331円1日で2GB3年
限界突破WiFi3,500円無制限3年
Mugen WiFi3,280円無制限3年
Broad WiMAX3,411円3日で10GB
7GB
3年
NEXT mobile2,780円20GB
30GB
50GB
2年
BIGLOBE WiMAX 2+3,980円3日で10GB2年
DTI WiMAX2+2,590円3日で10GB
7GB
3年
docomo WiFi6,900円5GB2年
SPACE WiFi3,680円無制限なし

メリット6.解約時は違約金なしで0円で解約できる

どんなときもWiFiは良心的な会社で25ヶ月目の契約25ヶ月目の契約更新付きであれば0円(無料)で解約することができます。

経過月解約手数料
0~12ヶ月19,000円
13~24ヶ月14,000円
25ヶ月目(更新月)0円
26ヶ月~9,500円

3年契約も多いですがどんなときもWiFiは2年で解約することができるので通常2年契約の物件の解約と同時に解約すれば0円で解約ができ無駄な出費がかかりません。

【保存版】どんなときもWiFiを違約金なしで解約する方法

メリット7.海外に持って行くだけで空港から使える

どんなときもWiFiは海外に持っていくだけでそのまま海外でもインターネットが利用できます。

事前申請やSIMカードの入れ替えなどの手続きは一切不要で、現地についたら電源を入れるだけで即インターネットが利用できます。

どんなときもWiFiの海外利用時に申請がいらない

どんなときもWiFiは海外利用の申請不要でそのまま端末を持っていくだけで利用可能!
海外でご利用された日のみ下記料金が利用日数に応じて発生致します。海外に行っても使用しない日は0円です

海外で利用された日数を元に月額料金(3,480円)+(利用日数×エリア別利用料)をご利用月の翌月請求分に合算して請求されます。

どんなときもWiFiはSIMカードの差し替えがいらない

どんなときもWiFiはクラウドSIM採用しているWi-Fiなので海外に行く時もSIMカードを挿す必要はありませんし、

国をまたいで利用した場合でもSIM採用しているカードを挿入したりSIMカードを挿し替える必要もありません。

例えばエリア1とエリア2をまたいで利用しても設定もSIMカードの挿入なども一切なく電源を入れるだけですぐにインターネットに繋がります。

どんなときもWiFiはクラウドSIM採用しているため、手元でSIMカードの交換を行う必要はなく、インターネットのクラウド上で自動的に交換してくれる仕組みになっています。

どんなときもWiFiと海外対応Wi-Fiの比較

海外で利用できるWi-FiはどんなときもWiFi意外にもイモトのWiFiやグローバルWiFiがあります。

ここではこの3つのWi-Fiを料金と受け取り、返却などの項目にわけて比較してみました。

比較項目どんなときもWiFiイモトのWiFiグローバルWiFi
受取・返却不要国内16空港

1営業所

宅配便

国内6空港

2営業所

宅配便

料金1GB:1,280円

1GB:1,880円

※エリアで異なる

500MB:1,580円
1GB:1,880円
300MB:1,170円
600MB:1,470円
1.1GB:1,670円
無制限:2,370円
早割なし500MB:1,580円
1GB:1,500〜1,670円
300MB:970円
600MB:1,270円
1.1GB:1,470円
無制限:2,170円
低速通信384kbps128kbps128kbps

メリット8.クレジットカード・口座振替の支払いに対応

どんなときもWiFiはクレジットカード払いに加えて口座振替ので支払いもできるWi-Fiです。

現在クレジットカード払いを選ぶと、2年割で2年間毎月930円割引キャンペーン、25ヶ月目以降は長期割で毎月430円割引となる割引キャンペーンを実施しています。

プラン名支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
データ放題プランクレジットカード払い3,480円

2年割り(-930円)適用

3,980円

長期割(-430円)適用

口座振替払い3,980円4,410円

クレジットカード契約の方が月額500円安いので口座振替でないといけない特別な理由がない限りクレジットカード払いを選ぶとお得です。

どんなときもWiFiをクレジットカード払いで契約した時の月額料金

どんなときもWiFiを口座振替で契約した時の月額料金

無制限Wi-Fiの説明書 | 【知らないと損】どんなときもWiFiは、現在クレジットカード払いを選ぶと、2年割で2年間【合計22320円】毎月930円割引キャンペーン、25ヶ月目以降は長期割で毎月430円割引となる割引キャンペーンを実施中!【失敗ゼロ】のキャンペーン適用方法と全手順画像付きの適用方法、キャンペーンコードまでまとめました!
【100%失敗ゼロ】ヨドバシカメラのWi-Fi担当がどんなときもWi-Fiのメリット・デメリットやどんなときもWi-Fiのお得なキャンペーンと適用方法・契約申し込み方法、月額料金やエリア、通信速度や速度制限、最低利用期間(契約期間)などをわかりやすくまとめました
【保存版】どんなときもWiFiの申し込み方法の完全手順まとめ
【失敗ゼロ!】「どんなときもWiFi」を最安&割引キャンペーン適用で契約申し込みする方法!【全手順を画像付き】で絶対に一番オトクな方法で申し込む方法を1つ1つ画像付きの手順でまとめました。クレジットカード払い、口座振替(銀行引き落とし)の支払い方法で申し込みができます!【知らないと損】
支払い方法月額料金2年間総額
クレジットカード3,480円83,520円
口座振替3,980円+手数料200円100,320円

メリット9.大容量バッテリーで連続12時間ネットが使える

電源入れっぱなしでの利用可能時間は実測で13時間半〜14時間程度で公称の12時間以上使えています。実際に朝の6:00〜20:00までバッテリーは持っているの残業をして帰りが遅くなっても大丈夫です。

充電器と充電ケーブルを持っていくのを忘れても一日使えるので荷物が減って助かります。

どんなときもWiFiが重たい理由は3500mAhというモバイルバッテリー並の大容量バッテリーを搭載しているからです。

どんなときもWiFiの充電時間は2時間

どんなときもWiFiの充電時間は5V/2Aの充電器を使った場合で、0%から100%まで2時間程度です。

実際に契約してから3ヶ月以上毎日使っていますが自宅に帰ってきた20:00に充電器に接続したら22:00には100%になって充電完了になっています。

使っている充電器はiPadの5V/2Aの充電器です。

iPhoneの充電器だと5V/1Aの出力なので充電時間は4時間かかります。

【保存版】どんなときもWiFiの充電時間のすべて!充電器で変わる

メリット10.引っ越ししても引っ越し先で当日からネットが使える

どんなときもWiFiは日本全国どこでも使える最強の電波のWi-Fiです。

そのため、引っ越しなどで住所が変わってもそのまま電源をいれれば新しい引越し先で当日から高速インターネットを使うことが出来ます。

もちろん引っ越しで住所が変わっても回線工事や設定変更も一切いらないので電源をいれるだけで利用できます。

引っ越しなどで住所が変わった場合は規約では住所変更の手続きが必要となっていますが、実際は住所変更の手続をしなくても解約までずっと使えます

【必見】「どんなときもWiFi」は引越し先でも当日からすぐ使える

どんなときもWiFiのデメリット(欠点)

どんなときもWiFiは無制限のWi-FIで一番人気のWi-Fiですが、どんなときもWiFiも含めた無制限のWi-Fiに共通するデメリットもあります。

どんなときもWiFiのデメリット・欠点・ダメなところ
  • 有線LANでの接続には変換機器が別途必要
  • docomo、au、SoftBankの接続キャリアを自分で選べない
  • 口座振替の場合2年割りキャンペーンが適用できない
  • 同時の接続台数は5台まで
  • 本体のサイズがWiMAXよりも大きい
  • 本体に液晶画面がついていないのでステータスがわかりにくい
  • 端末はレンタル契約のため解約後は本体の返却が必要
  • 3年目からは月額料金が高くなる
  • 契約更新月以外に解約すると解約金が発生する

これらのデメリットを含めてもどんなときもWiFiは最強のWi-Fiです。これらの欠点は克服する方法があり、うまく対策することでさらに使いやすくなります。

どんなときもWiFiのデメリット・欠点・ダメなところは?契約前に絶対に知っておきたいこと

どんなときもWiFiの初期費用と月額料金のすべて

どんなときもWiFiの初期費用は事務手数料の3000円(税込3,240円)だけです。

月額料金は現在どんなときもWiFiはキャンペーン中で、2年割が適用されて、クレジットカード払いの場合は3,490円、口座振替の場合は3,980円になります。

どんなときもWiFiの初期費用(事務手数料)は3000円

どんなときもWiFiの初期費用は事務手数料の3,000円(税込3,240円)です。

クレジットカード払いでも口座振替でも初期費用は3,000円(税込3,240円)です。

どんなときもWiFiの初期費用
  • クレジットカード払いの場合の初期費用: 3,000円(税込3,240円)
  • 口座振替の場合の初期費用: 3,000円(税込3,240円)

WiMAXもY!mobileもdocomo、au、SoftBankのポケットWi-Fiも事務手数料は共通して3000円なのでここは必要経費と割り切って下さい。

どんなときもWiFiは月額料金が安いのですぐに回収できますよ。

どんなときもWiFiの月額料金

どんなときもWiFiの月額料金はクレジットカード払いと口座振替で料金が違って口座振替の場合はクレジットカード払いよりも月額料金が500円高いです。

どんなときもWiFiの初期費用と月額料金
  • 初期費用は事務手数料の3000円(税込3,240円)
  • 月額料金はクレジットカード払いの場合は3,490円 ※2年割適用による金額
  • 口座振替の場合は3,980円
プラン名支払い方法月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
データ放題プランクレジットカード払い3,480円3,980円
口座振替払い3,980円4,410円

クレジットカード契約の方が月額500円安いので口座振替でないといけない特別な理由がない限りクレジットカード払いを選ぶとお得です。

どんなときもWiFiは海外で利用する場合にはオプション料金がかかります。

どんな
ときも
WiFi
支払い
方法
月額料金
(1~24ヶ月目)
月額料金
(25ヶ月目以降)
データ
放題
プラン
クレジットカード払い3,480円3,980円
口座振替払い3,980円4,410円
初期費用3,000円(契約時のみの1回だけの事務手数料)
通信量無制限
回線docomo・au・ソフトバンクのトリプルキャリア
(回線は自動選択される)
通信速度下りの最大通信速:150Mbps
上りの最大通信速:50Mbps
海外料金アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米など
69ヶ国
1日1,280円
中東・南米・アフリカなど
37ヶ国
1日1,880円
オプション料金あんしん補償:初月無料(その後432円/月)
充電器1,944円(買い切り)
契約期間2年契約

このように、どんなときもWiFiの月額料金はクレジットカード払いと口座振替で料金が違って口座振替の場合はクレジットカード払いよりも月額料金が500円高いので、

特別な理由がない限り、クレジットカード払いを選ぶようにしましょう。

クレジットカード払いの場合:日割り計算

クレジットカード払いの場合も商品を出荷した日からの「日割り」での請求となっています。

口座振替の場合:日割り計算

口座振替の場合も商品を出荷した日からの「日割り」での請求となっています。

【必見】どんなときもWiFiは契約月の月額料金は日割り計算される
結論から先に書くと、どんなときもWiFiの契約初月の月額料金は日割り計算されます。 月額3980円(キャンペーン適用なら月額3480円)の日割り計算の料金になります。 実際の日割り計算は商品を出荷した日からの「日割り」で...
どんなときもWiFiの初期費用と月額料金のすべて

  どんなときもWiFiの工事費は無料

どんなときもWiFiは工事なしで電源をいれるだけで利用できるインターネット回線なので、工事費は無料です。

自宅にWiFiルーターが届いたら電源をいれるだけでインターネットが利用できます

どんなときもWiFiは即日発送で届きたらすぐに使える

どんなときもWiFiは即日発送をしていて、平日の13時まで(土曜日は11時まで)に申し込みを完了している当日には発送してくれるため最短で翌日には届きます。

どんなときもWiFiのルーターの発送
  • 平日の13時までに申し込みを完了: その日の発送
  • 土曜日の11時までに申し込みを完了: その日の発送
  • 日曜日の申し込みの場合: 最短の平日発送
  • 祝日日の申し込みの場合: 最短の平日発送

どんなときもWiFiの到着までの日数は関東エリアは1日後(契約の翌日)、東北・北陸・東海エリアは2日後、関西・四国・中国エリアは2日後、北海道・九州・沖縄エリアは3日後が契約から到着までの日数の目安になっています。

どんなときもWiFiはいつ届く?配送日数
  • 関東:申し込み完了の1日後(契約の翌日)
  • 東北・北陸・東海:申し込み完了の2日後
  • 関西・四国・中国エリア:申し込み完了の2日後
  • 北海道・九州・沖縄エリア:申し込み完了の3日後

どんなときもWiFiの配送業者(配送会社)は佐川急便です。元払いで東京都内から発送されます。

どんなときもWiFiから発送されると「商品発送メール」が送られて来ます。そのメール内に荷物の追跡番号が記載されていますので「佐川急便の問い合わせページ」に追跡番号を入力すると配送状況を調べることができます。

どんなときもWiFiはいつ届く?契約から発送、到着までの日数

どんなときもWiFiを割引キャンペーンを適用して申し込む

タイトルとURLをコピーしました